© 2017 3rd

Cape Gooseberry’s Jam

昨年、群馬にある森農園で食用ホオズキの収穫にお邪魔しましたが、伺ったタイミングが悪天候に祟られた直後で、一気に大量の雨を吸い上げてしまったため裂果が多く、その多くが廃棄処分になっていました。地面に捨てられてしまった、傷のある果実を齧ると、程よい酸味と甘み。裂果部分からすぐカビてしまうので、出荷しようがないのは分かりますが、何とかしてジャムにしたいなあ、と1年近くたった今でも思うわけです。暗室にこもってプリントしていると、そのプリントのほとんどは失敗で廃棄処分なのですが、他人から見たら「何て勿体ない」と思うのと同じなのかもしれませんが。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.